古書は古書店へ!|古書と古本の違い、古書店で古書を買い取ってもらうためには?

古書と古本の違い、古書店で古書を買い取ってもらうためには?

本を持っている女性

古書は古書店へ!

電卓を持っている男性


趣味で古書を集めている人が、他のことにお金を使おうと思った時に古書買い取り店は役に立ちます。
歴史的に価値のある本の場合、かなり高価で買い取ってくれます。中には自分が購入した時よりも高く買ってくれる場合だってあるのです。

そういった古書は、絶対に古本屋に持って行っては駄目です。古本屋は一般的に古い本には安い値段しか付けてくれないのです。
また、買い取ってくれない場合も多々あります。その本の価値を理解してくれる古書買い取り店で売却しましょう。

あとは大学生にもおすすめです。例えば卒業論文を書く際に必要となった本などを購入している場合、卒業論文を書いてしまえばもうあまり見ることはないでしょう。
後輩に譲るのも一つの方法ですが、なかなか同じようなテーマで卒業論文を書く後輩を見つけることは容易ではありません。
そんな場合は持っていても読む機会が無いような本であれば売却するのが一番良い方法でしょう。

また、古書買い取り店では買い取った本を自らの店舗で販売することが多く、参考書なども多く扱っているので、専門書などは一般の本屋さんで取り寄せてもらうより手っ取り速く見つけることも出来るでしょう。
大体大学生が必要とするような本は、定価より値段が安いのが一般的です。

節約も出来ますから、買い取りでなくて購入したい場合にも古書の取り扱いがある店舗で探してみると良いでしょう。学生街には古書を専門で扱っている店舗があるはずです。