買い取ってもらった時の話|古書と古本の違い、古書店で古書を買い取ってもらうためには?

古書と古本の違い、古書店で古書を買い取ってもらうためには?

本を持っている女性

買い取ってもらった時の話

山積みになっている古書

私も古書買い取りを利用したことがあります。
大学生の時に卒業論文を書くために資料として何冊かの本が必要でした。
普通に本屋さんに並んでいるような本ではなく、また近くの図書館にも置いてなかったので近くの本屋さんで取り寄せてもらいました。
3冊頼んだのですが1万円を超える金額になったのを覚えています。卒業論文を書く間は何度も読み返したり、いろいろ調べるのに重宝しましたが卒業論文を書き終わると見る機会がなくなりました。

ただ本棚においておくのももったい無いので売却をする事に決めました。
私の場合後輩に譲ることは出来ませんでした。選んだテーマがあまり人気のあるものではなかったからです。そうなれば自然と買い取りをしてもらうことになります。最初は自宅近くの古本屋さんに行ってみました。そこでは3冊で1000円くらいのの値段しか付きませんでした。ですからそこで売却せずに大学近くの古書買い取り店を訪れました。

そこでは同じような本も取り扱っていましたのである程度は期待して望みました。
そこでは3冊で2000円ちょっとの値段が付きました。古本屋と比べると1000円以上も高く買ってくれることになりました。私の大学周辺には古書買い取りを行っている店舗は他に無かったので、そのお店での売却が自然と決まりました。卒業論文であまり人気の無いテーマを選ぶと資料として使用した本は高く売れないことが分かりました。殆どの人が一生に1度書くか書かないかの卒業論文ですから自分の気に入ったテーマで書くのがベストです。
資料として必要が無くなったら古書買い取り店で売却をすると良いでしょう。